事業詳細

第1研究分科会 材料・部品解析分科会

主 査:
杉谷 全令
副主査:
大西 久男
委 員:
木村 忠正、平本 抽

本分科会は、製品の信頼性の造り込みや向上のために、材料・部品の劣化の挙動にまで遡って議論を深める分科会です。企業を取り巻く環境やグローバルな競争や協業は急激に変化しています。また、購入部材のサイレント・チェンジといった問題に直面することも多くなっていませんか。私達は故障の影響を検討して、製品での再発防止や未然防止を図るには、材料・部品レベルの解析を通して機能の発現や劣化のメカニズムを理解することが重要と考えています。

そこで本分科会では、「材料」と「部品」に視点をおき、
● 各種の材料・部品における故障や劣化の事例とメカニズムや対策
● メカニズム解明に必要な解析/計測の技術や信頼性評価方法と実務のノウハウ

などについて、下記の分野に焦点を当て議論していきます。

(1)故障/劣化モード
 腐食、磨耗、マイグレーション、ウィスカ、光劣化、変色、アウトガス、クラック、疲労破壊、界面剥離等
(2)解析技術/計測技術
 表面観察(SEM、AFM…)、表面分析(XPS、AES、EDX…)、化学分析(FT-IR、GC-MS…)、各種物性計測等
(3)信頼性評価方法
 温湿度試験、熱衝撃試験、疲労試験、混合ガス腐食試験、耐候(光)性試験、等故障/劣化モードに応じた各種再現試験

本研究会の目的は、分科会参加者全員が事例や質問を持ち寄り議論を深めることで、目の前の問題を解決するヒントを得る事や、御自身の業務で出会う課題に向き合う時の知見を蓄積する事です。年度初めに議論したい項目を集め、定例会のテーマを定めますが、突発的な課題の提供も歓迎です。
“Give & Take”の精神で知見や経験を共有できるように運営してまいります。積極的な参加を心からお待ちしております。

第2研究分科会 部品・デバイス(電子部品)分科会

主 査:
伊藤 卓也
副主査:
瀬戸屋 孝
委 員:
冨塚 健一、山口 浩二、和田 哲明、三井 直人、横川 慎二

本分科会は、エレクトロニクス製品に使用される部品に焦点を当てた研究分科会です。デバイス・電子機器・ユニット・材料 各メーカ、企業それぞれの立場から、本音で議論できるクローズドでユニークな分科会です。 運営委員は、国内デバイスメーカ、電子機器メーカの品質・信頼性について豊富な経験を持ったメンバーが担当し、参加されるメンバーは、設計・製造・購買・品質保証を実践している技術者の方々で構成されています。
取り扱うテーマは、「部品・デバイスの品質・信頼性技術全般」です。

(1)定例テーマ討論
初回に討論したいテーマを発言頂き各回毎の主テーマを定めます。2回目以降は、そのテーマに従って、自社での取り組みや事例など発表しあう形式で討論を進めさせて頂きます。内容によっては本分科会で十分に討論がしきれない場合、テーマ別分科会や他分科会との合同討論の実施など、柔軟に対応させて頂き、幅広い討論を行います。

(2)緊急テーマ討論
直面している電子機器や電子部品で起こっている品質・信頼性の具体的な問題を持ち寄って頂き、幅広い知見に基づき、報告書に明記されることの無い真の原因や、その解釈、波及性など多角的な討論を行っています。
事前に課題を分科会のメーリングリストで発信頂ければ、参加メンバーが未公表情報を持ち寄り、活発な討論も行われています。

(3)討論テーマのご紹介
昨年度、様々な討論を行いましたが、そのキーワードの一例をご紹介します。
●各種部品の品質問題
 ワイヤーボンディング・シュリンク・マイグレーション
●認定試験・信頼性試験・監査の方法
 サンプル数をどうするか?何を加速すべきか?何がキーとなるか?
●海外部品・購入モジュール品の評価
●はんだ付け関連・接着のメカニズム

研究会は、参加いただくメンバーのみなさまが主人公です。討論内容を持ち寄る事によって、研究会を通じ、交流活動を行い、大きく成長し、実践の実務問題に対し、共に課題解決力を身につけていきましょう。発信する情報は、期待を上回る知識として返ってきます。

第3研究分科会 機器・システム分科会

主 査:
岩下 健児
副主査:
門田 靖
委 員:
原島 瑞靖

機器システムメーカとして、優良な製品をお客様に提供することを責務とし、信頼性や品質が秩然と確保された材料や部品を採用するとともに、ひとつひとつの構成要素の当たり前品質を確保し、さらなる向上を目指し日々努力されていることと思います。しかしシステムは品質・信頼性の高い部品・材料を使えば信頼性が確保されるとは限らず、また品質・信頼性が並な部品・材料からでも、高信頼性システムは構築可能です。まさに当分科会では、各種電子機器・メカトロニクス製品・住宅機器・自動車などの産業領域を対象とし、業界をまたがり横断的に、この高信頼性システム設計に向けた課題解決に向けた議論を行う分科会になります。
論議を通して、多岐にわたる分野やそれぞれの業界の知見に触れることは、参加されるメンバーの気づきとなり、メンバーの課題解決の一助となることでしょう。
論議対象としては、以下に示すような信頼性技術全般を扱っており、参加メンバーが持ち寄ったテーマを元に機器やシステム全体を対象に活発な討議を行い、課題解決の糸口を見つけてきました。

(1)信頼性設計など
機器やシステム全体の信頼性を維持するために、設計段階から秩然と信頼性を造り込むためのプロセスや構成部品メーカや共同開発メーカとの協業における課題。

(2)信頼性評価など
妥当性の検証として故障率や寿命を測る基本的手法や、製品開発期間短縮化の中での信頼性試験の在り方、変化するお客様の使い方、環境要件の変化などの評価条件を決めるうえでの課題。

(3)製品安全など
信頼性や品質の延長にある製品安全問題に対しての世の中の動向や各社の取り組み方やフェールが起きても安全にかかわる重大事故に波及しないか、あるいは、如何にフェールを起こさないかなど、安全設計に関する課題。

今年度は、JISの定義にある様に個体の組合せであるシステムの信頼性について、個体・システム双方の視点か
ら、より踏み込んだ論議が出来ればと思います。

〔システムとは?〕
所定の任務を達成するために、 選定され、 配列され、 互いに連係して動作する一連のアイテム (ハードウェア、 ソフトウェア、 人間要素) の組合せ

第4研究分科会 品質保証分科会

主 査:
山下 恭幸
副主査:
岡本 直樹
委 員:
菊地 克之

製品の信頼性確保には、固有技術面だけでなく、しくみ化・標準化に代表される管理技術面も重要です。本分科会では、固有技術的側面が強い他分科会に対し、品質保証全般に関する内容や品質管理・信頼性技術手法等の管理技術的側面も取り扱います。もちろん、直面する固有技術に関する課題・問題解決策も議論します。主な討議予定テーマは以下のとおりです。

(1)品質保証体制/品質保証活動
ISO 9001、更には車載用のISO/TS 16949等、第三者認証が必要なQMS構築は勿論ですが、その要求事項を発展させ、自社の品質保証活動を継続的に改善することは非常に重要なポイントです。如何に品質保証活動のPDCAを回しスパイラルアップを図っていくか議論します。特に製品開発では、製品実現のプロセスにおいて再発防止(過去トラなど)・未然防止(DRBFM・設計FMEAなど)の活動事例を議論しています。

(2)リスクアセスメント/リスク分析
製品安全の分野では、リスクアセスメントがその根幹をなしており、製品のライフサイクルを通したリスクアセスメントに対する様々な工夫や技法が提唱されています。製品安全に関する取り組みや技法についての活用事例も議論しています。

(3)品質・信頼性設計技法
上記(1)や(2)の分野でも既に大いに活用されている設計・工程FMEAやDRBFMの未然防止手法やなぜなぜ分析・FTA等の再発防止手法から過去トラ活用等々の活動事例の紹介を通して技術の研鑽を行っています。また、開発プロセスの中で品質・信頼性を作り込むためのDRやゲート管理のあり方についても議論しています。

(4)品質技術者の育成と品質管理教育
人材育成はコツコツと続けないといけない時間の掛かる仕事であり、目標や成果の計り方について多くの会社で悩まれています。各社で行われている品質人材の育成プログラムや品質管理教育についての事例紹介を行い、参考にして頂いています。

本研究会は、メンバーのみなさんが研究会活動を通じて大きく成長し、実践で活用される事を目的とし、実務での問題・課題解決に役立つ固有技術と管理技術について議論しています。ベンチマークや技術研鑽の場として活用出来ますので、ご参加お待ちしております。

 

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中