事業詳細

大会・フォーラム・シンポジウム

第7回 知識構造化シンポジウム 参加募集のご案内
~製品・部門・拠点の壁を超えるSSM実践各社の工夫~

日時:2015年9月11日(金) 13:30~17:00
会場:東京大学・伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7-3-1)
  • 開催レポート

  お知らせ

 
参加申し込み受付開始しました!

参加のお薦め

不具合情報から知識を一般化・体系化し、未然防止に活用するSSMの取り組みは、多くの業種・企業に広がり、過去の知識構造化シンポジウムでも様々な実践例が紹介されてきました。SSM導入企業の多くは、特定製品での活動に留まらず、様々な製品・部門・拠点にSSMを展開しています。その際、製品ライン間の壁、設計・製造・品質保証などの各部門間の壁、国内外の開発拠点間の壁を乗り越えて、再利用可能な知識を共有・活用するために様々な工夫を行っています。
今回のシンポジウムでは、3社の実践例を通じて、このような壁を越えて再発防止・未然防止のための知識運用に取り組む具体的な内容をご紹介します。また活動を推進する工夫や、知識を共有・活用する上での工夫などをご紹介し、SSM導入中・導入検討中の皆様に役立つヒントをご提供します。

SSM(Stress-Strength Model:ストレス-ストレングスモデル)とは、トラブルの経験・ノウハウを広くトラブル未然防止に活用できるように、知識を構造的に表現するモデルです。
本シンポジウムは実践に重点をおいた内容となっています。下記の書籍を事前にお読みいただくと、一層効果的です。
『SSMによる構造化知識マネジメント -設計開発における不具合防止に役立つ知識の構築と活用-』(田村泰彦著 日科技連出版社)
JSQC選書第4巻『トラブル未然防止のための知識の構造化 -SSMによる設計・計画の質を高める知識マネジメント-』(田村泰彦著 日本品質管理学会監修 日本規格協会)
こちらのウェブサイトでも、SSMの概要をご覧いただけます。
(株)構造化知識研究所
 

開催概要

テーマ
製品・部門・拠点の壁を超えるSSM実践各社の工夫
日時
2015年9月11日(金) 13:30~17:00
会場
東京大学・伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7-3-1)
参加費
4,860円(会員・一般とも)
後援
一般財団法人日本規格協会
一般社団法人日本品質管理学会
日本信頼性学会
一般社団法人KEC関西電子工業振興センター
一般社団法人日本自動車部品工業会
株式会社日科技連出版社

問い合わせ先

問い合わせ先
教育推進部 第一課 SSM担当
TEL:03-5378-1213 FAX:03-5378-9842 E-Mail:tqmsemi@juse.or.jp

ユーザーユーザー登録者ページ

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • QCサークル
  • Webクオリティマネジメント
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 教育/セミナーガイド
  • ステージアップガイド
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中