事業詳細

通教・eラーニング

QC検定3級レベル対応受検対策講座

品質管理検定(QC検定)は、品質管理全般に関する個人の知識レベルを客観的に把握する手段として、多くの企業・組織で活用されています。
2005年に第1回試験が実施され、今では約10万人/年の方々が受検されています。
多くの企業・組織では、このQC検定を教育体系に組み込むことで、社員のスキルアップとモチベーションの向上を図るとともに昇級・昇格の資格要件の一つにするなど組織的にQC検定を活用しています。
本教材では、QC検定3級の出題範囲を網羅しており、繰り返し学習することで、自身の現状レベルが把握でき、受検対策と知識向上にお役立ていただけます。

特徴

●毎月1日から始められて、空いている時間でどこでも学べます。
●クレジット決済の場合は、決済後に受講を開始できます。
●現在のQC検定3級出題範囲に対応しているコースです。
●経験豊富な専門家がていねいに解説します。
●章単位でテストがあり、自身の理解度を把握できます。
●手法編、実践編と選択受講が可能です。もちろんセット(セット受講割引あり)でも受講ができます。

対 象
QC検定3級の合格を目指すみなさん(高校生、専門学校生、大学生、企業・組織で働く方など)
講 師
福丸典芳(福丸マネジメントテクノ)、内田治(東京情報大学)
受講料
【実践編】1ユーザー 10,500円(一般/会員)

【手法編】1ユーザー 10,500円(一般/会員)

【実践編+手法編セット】1ユーザー 15,750円(一般/会員)

*受講料はすべて税抜きです。
*通信教育、eラーニングについては、消費税の経過措置(通信販売)の対象となります。
 申込み日が2019年9月30日までは8%、2019年10月1日以降は10%の消費税を税抜価格とあわせて
 請求させていただきます。

*消費税増税後の税率の詳細については、こちらのページのPDFをご参照ください。

【教育機関、学校、学生の方への割引制度のご案内】
教育機関、学校、学生の方には受講費用の割引制度があります。
詳細はお問い合わせください。

【団体割引制度のご案内】
人数に応じて受講費用の割引制度があります。
詳細はお問い合わせください。
▶ 
QCサークル推進センター QCサークル研修グループ TEL:03-5378-9816

キャンセルの取扱いについて

 

標準学習
時間

【実践編】約4時間
【手法編】約4時間

動作環境

パソコン、スマートフォン、タブレットに対応しています
・パソコン:Windows 7 / 8 / 8.1
・スマートフォン、タブレット:iOS6~7, Android4.1~4.4
・ブラウザ:Internet Explorer、 Chrome、 Safari、 Firefox
 

カリキュラム

受講期間
内容
 
【期間】
実践編・手法編/各2ヵ月
2編セット/3ヵ月
【実践編】
第1章:QC的ものの見方、考え方
第2章:品質の概念
第3章:管理の方法
第4章:品質保証
 ※出題範囲の新製品開発、プロセス保証を含む
第5章:方針管理と日常管理
第6章:標準化
第7章:小集団改善活動と人材育成
第8章:品質マネジメントシステム

【手法編】
第1章:データの取り方
第2章:データのまとめ方
第3章:QC七つ道具
第4章:新QC七つ道具
 ※出題範囲の新製品開発、プロセス保証を含む
第5章:統計手法の活用(工程能力指数/確率計算/相関分析(係数))
 

受講期間中にシステムメンテナンスが発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]TQM・品質管理/通信教育・eラーニング

問い合わせ先

問い合わせ先
QCサークル推進センター QCサークル研修グループ
TEL:03-5378-9816 FAX:03-5378-9843 E-Mail: qccsemi@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中