事業詳細

お申込み

セミナー

薬剤経済学セミナー
  • 参加者の声

「おカネとクスリ」、すなわち「医療の費用対効果評価」は、全ての薬がカバーされる状況に半世紀以上慣れ親しんできた日本では、数年前までタブー視されてきました。しかし近年、とてもよく効き、なおかつとても高額なクスリの上市が相次いだことで、議論の風潮は大きく変わりました。
保険政策としては、2012年から中医協に「費用対効果評価専門部会」が設置され、2016年4月から試行的導入を経て、2019年4月の本格導入 (2018年4月予定が一年延期)を目指し議論が進んでいます。
日本の費用対効果・HTAの大きな特徴は「すでに保険適用されている医薬品」に対して費用対効果評価の結果を「価格調整に用いる」ことです。さらに費用対効果の評価軸である増分費用効果比ICERの数値と価格調整幅を1対1に対応させるという、世界でも類をみない方法をとります。
本セミナーでは、費用対効果評価・HTAについて、基礎的な手法 (分析手法の紹介、QOL評価の演習、モデル分析と論文の批判的吟味)からその政策応用の実態(海外・国内での応用法、現状の問題点など)まで、広い範囲を概説します。
単なる現状の解説ではなく、「企業として」「医療機関として」「アカデミアとして」どのようにHTAの波に対処していくのかを体感できるセミナーになればと願っています。

東京大学大学院 薬学系研究科医薬政策学
特任准教授  五十嵐 中

特徴

● 薬剤経済学を基礎から勉強できます。
● 医薬品の経済性・効率性を評価し、費用対効果を検証する方法が学べます。
● 講義と実習を交えて、薬剤経済評価の基礎や、コスト算出法、効用値の測定方法など、薬剤経済学の基礎が学べます。
● WHOの教育コースなども参考とした内容となっています。
● 「第14回 薬剤疫学セミナー」の参加者は、特別料金で参加ができます。

関連セミナー
▶ 薬剤疫学セミナー
対 象
薬剤経済学を学びたい企業や医療機関の全ての方
会 場
東京・日科技連 本部
講 師
五十嵐 中(東京大学 大学院)他、斯界の権威ある経験豊富な講師が指導にあたります
参加費
50,000円(一般)/ 40,000 円(会員)
40,000円(第14回薬剤疫学セミナー参加者)
*参加費はすべて税抜きです。
*第14回薬剤疫学セミナー参加者の方は、申込みフォームの「ご連絡・ご要望」欄にてその旨入力してください。

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:20〜17:30
■午前
薬剤経済評価の基礎

■午後
【演習】QoL値の測定方法
QoL値の測定
【講義・演習】モデルを使った経済評価
第2日
9:30〜16:30
■午前
コストの算出方法と課題
費用対効果評価の政策応用 ―本格導入における日本の動向―

■午後
費用対効果評価の政策応用 ―諸外国の動向―
経済評価論文の読み方

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第5回
2019年12月2日(月)~3日(火)
東京
締切

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]医薬統計:医療研修

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQiP・医薬チーム(医薬セミナー関係)
 TEL:03-5378-9851 FAX:03-5378-9842 E-Mail:jusemedi@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中