事業詳細

お申込み

セミナー

設計・開発における品質ばらつき抑制手法セミナー
QVCプロセス: 企業における品質工学の戦略的活用

品質改善は、ばらつきとの戦いと言っても過言ではありません。様々なばらつきによって製品が期待値を下回った時、お客様は不満を感じます。中央値だけを考えた設計ではお客様の期待に応えることはできないのです。日産自動車では、開発段階で製品のばらつきを抑制するため、QVC(Quality Variation Control)プロセスを体系化し、活用しています。技術開発段階では、機能展開と品質工学を活用し、ばらつきを抑制する技術を確立します。製品開発段階では、確立した技術を活用することで効率的に製品開発を進めます。
当セミナーでは、QVCプロセスの全体構成と標準ツールについて解説し、事例紹介、演習を通じて実践力を養成します。ばらつきとの戦いを制したいと願う方々に向けたセミナーです。

特徴

● QVCプロセス:日産自動車における品質工学の戦略的活用 品質ばらつきを抑制し、品質目標を達成するために、企業の
 開発現場でグローバルに実践されている品質工学の戦略的な活用方法について解説します。
● グループ演習による理解の促進 実部品を用いたグループ演習を通じて、実践力を養成します。
● 企業の実務家による直接指導 企業の最前線で品質ばらつき抑制手法の指導、実践を担当している経験豊富な講師陣が
 指導します。

対 象
開発・設計・実験・生産技術・品質保証に携わっている技術者
会 場
東京・日科技連 本部または東高円寺ビル
講 師
大島 恵(日産自動車(株) Quick DR エキスパート講師)
奈良敢也(日産自動車(株))
日産自動車において品質ばらつき抑制手法の開発、導入、実践に携わってきた経験豊富な講師陣が指導にあたります
参加費
37,000円(一般)/ 32,000円(会員)*税抜き

カリキュラム

1日コース

日程
内容
第1日
9:20~18:00
■午前
【モノ造り品質フレームワークと品質ばらつき抑制】
・モノ造り品質フレームワークの紹介
・品質ばらつき抑制手法(QVCプロセス)の概要
【QVCプロセスの概要と適用事例】
・技術開発と製品開発におけるQVCプロセスの適用
【QVCプロセスの標準ツール:機能展開】
・機能展開の解説と演習

■午後
【品質工学の基礎知識】
・SN比、直交表、ロバスト設計
【QVCプロセスの標準ツール:設計感度解析】
・設計感度解析の解説と演習
【QVCプロセスの標準ツール:ばらつき影響度解析】
・ばらつき影響度解析の解説と演習
【工程能力指数】
工程能力、工程能力指数とは
【QVCプロセスの適用事例】
・総合Q&A 、事例紹介、質疑応答

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2019年5月30日(木)
東京
締切
第2回
2020年2月3日(月)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]信頼性・保全性/未然防止・再発防止/実験計画法

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQC・REチーム(信頼性セミナー関係)
 TEL:03-5378-9850 FAX:03-5378-9842 E-Mail:re-group@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中