事業詳細

お申込み

セミナー

信頼性技法実践講座:故障解析
信頼性向上、リスク対応の要「故障解析」の強化を!
製品・部品・材料の事故やトラブル対策でお悩みではありませんか?
海外で製造された製品の信頼性問題解決と信頼性向上のための評価や解析は?
故障解析の具体的な進め方や解析技術の最新動向を事例に基づいて解説します!

製品の高機能化、複雑化に加え、生産・調達のグローバル化の拡大、製品事故に伴うリスク対応など、故障解析力の強化が強く求められています。当講座では、故障解析の手順やポイント(故障の再現など)や各分野の解析事例について、現在活躍中の経験豊富な専門技術者が解説します。これらを通して、各社共通の悩みや問題の解決をサポートします。

特徴

● 第2日は、電子系・機械系のうち、いずれかを選択受講できる分野別選択コースとなっており、短期間で効率的に学ぶこと
 ができます。
● 先進的な故障解析の実践事例を多数紹介します。
● クロストーキング(情報交換会)で、参加者同士が意見交換することにより、現状の課題を広く知ることができます。

[故障解析事例発表会社(五十音順・予定)]
宇宙航空研究開発機構、JFEテクノリサーチ(株)、実装技術信頼性技術協会、日産自動車(株)、富士電機(株)など



対 象
研究・開発・設計・技術・品質保証部門などの技術者・研究者
会 場
東京・日科技連 東高円寺ビル
講 師
藤本直伸(内藤電誠工業(株))他、故障解析技術に関して、実践経験豊富な実務家・専門家が指導にあたります
参加費
57,000円(一般)/ 50,000円(会員)*税抜き

カリキュラム

2日間コース
第2日の電子系コース、機械系コースは選択制となっておりますが、両コースの受講を希望される場合は、受講できなかったもう一方のコースを第2回の第2日に特別料金で参加できます(一般、会員ともに10,000円*税抜き)。

日程
内容
共通受講
第1日
9:20~18:00
■午前
故障解析総論
(故障解析の進め方)

■午後
電子部品ユーザー側の故障解析について
機械系の故障と信頼性について
クロストーキング(情報交換会)
電子系コース
第2日
9:30~17:15
■午前
実装の信頼性と故障解析
電子部品の故障解析

■午後
LSIの故障解析
機械系コース
第2日
9:30~17:15
■午前
自動車における機械系の故障解析

■午後
材料の故障解析のための物理解析技術
機械部品の故障解析

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
【電子系】2019年5月30日(木)~31日(金)
東京
締切
第1回
【機械系】2019年5月30日(木)~31日(金)
東京
締切
第2回
【電子系】2019年10月24日(木)~25日(金)
東京
第2回
【機械系】2019年10月24日(木)~25日(金)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]信頼性・保全性

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQC・REチーム(信頼性セミナー関係)
 TEL:03-5378-9850 FAX:03-5378-9842 E-Mail:re-group@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中