事業詳細

お申込み

セミナー

マハラノビス・タグチ(MT)システム入門コース
IoT実現に必要なAIの知識と活用方法が身につきます!

MTシステムはIoTすなわちInternet of Things実現の手段としても注目されています。IoTの目的はモノから得た情報をインターネットで繋ぎ、日常生活や生産活動の質を向上させることです。そこではAI(人工知能)の活用が前提となります。MTシステムもAIの一つであり、JAXAによる宇宙開発のAIとしても採用されています。
最近、製造現場をIoT化するための情報システムが提案されています。そのいくつかはMT法をベンチマークとしています。MT法は使いやすさを含め、一歩リードした総合力を持っています。
当セミナーで、IoT実現のための知識と利用法を身に付けていただくことができます。

特徴

● IoTをとりまく様々な事柄やセンシング技術、あるいはデータからの特徴抽出技術についても詳細に解説します。
● 事例を豊富に解説するとともに、専用計算ソフトによる演習を行います。MTシステム活用に必要な知識を十分に身につけることができます。
● 好評の『入門MTシステム』(日科技連出版社)をテキストに、著者3名が丁寧に講義を行います。

到達レベル
・MTシステムの基本的適用方法が習得でき、先端的な応用事例や実際に応用するための知識を習得できます。
・ Excel と専用ソフトを用いた実習により、データ形式の整理方法やMT システムによる解析結果の捉え方、実用化への流れを把握で
きます。
対 象
製造業の検査・試験・品質保証・設備管理・企画部門の方、医療・医薬関係の方、ソフトウェアの分野に携わる方、パターン認識や多次元データ処理・多変量解析の研究開発に携わっている技術者・研究者・若手教員・大学院生
会 場
東京・日科技連 本部
講 師
立林和夫(元 富士ゼロックス(株))
手島昌一(アングルトライ(株))
長谷川良子(長谷川技術士事務所)
参加費
(税込)
69,120円(一般)/ 61,560円(会員)

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:30~17:00
■午前
MTシステムとは
パターン認識とMTシステム
MTシステムの体系と各計算法の特徴

■午後
MTシステムで取り扱うデータと特徴抽出
演習(存在量と変化量の計算)
MT法の適用手順とポイント
事例紹介「MT法を使用した異常判定」
演習(MT法を使用した異常判定)
第2日
9:30~17:00
■午前
T法の適用手順とポイント
事例紹介「T法を使用した予測と分類」
演習(T法を使用した予測と分類)
「適用事例」

■午後
「適用事例」
MTシステムの課題と期待される展開
そのほかの話題
Q&A

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2017年5月22日(月)~23日(火)
東京
締切
第2回
2017年12月4日(月)~5日(火)
東京
締切

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]多変量解析法/実験計画法

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQC・REチーム(SQCセミナー関係)
TEL:03-5378-1214 FAX:03-5378-9842 E-Mail:jusemsd@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中