事業詳細

お申込み

セミナー

実践!ソフトウェア品質向上のための技術者セミナー

ソフトウェア品質技術を確実に身につける!
品質保証部門の人も設計を知ろう、設計開発部門の人も品質を意識しよう!

演習を中心とした参加型のセミナーです。ソフトウェアを開発する上で、ソフトウェア開発技術、プロジェクト管理技術、品質管理技術など、様々な技術が必要となります。また、ソフトウェア開発における、QCD(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)を維持し、改善するために、プロジェクトや組織単位で、継続的に改善活動を実施することも大切です。
当セミナーでは、ソフトウェアを開発する上で必要となる基本的な開発技術や管理技術を、演習やディスカッションを交えながら体系的、実践的に習得できます。

特徴

● ソフトウェア品質管理/品質保証の考え方および品質改善の方法を学べます。
● 要求開発から検査までの各工程におけるソフトウェア開発技術について学び、演習によりそれらの具体的な活用方法を習得できます。
● 理論だけでなく、実践的事例を盛り込んだテキストを使用します。

【無料オプション】
オブジェクト指向設計に不慣れな方を主な対象に「補講」を実施する予定です。
設計の基礎知識を、より詳しく習得できます。

対 象
あらゆる分野でソフトウェアの開発・生産に従事している技術者・プロジェクトリーダー・SE
ソフトウェア設計・開発をひととおり経験し、今後さらに高いレベルを目指す方
会 場
日科技連・東高円寺ビル
講 師
阪本太志((株)東芝)、小井土 亨((株)OSK)、湯本 剛(ASTER)、板倉 稔((株)イネーブルツリー)、小池利和(ヤマハ(株))、真野俊樹(SQA総合研究所)
参加費
135,000円(一般)/118,800円(会員)

カリキュラム

6日間コース(前期3日間・後期3日間)

日程
内容
前期
第1日
9:30~17:00
ソフトウェアの品質保証の基本
 ソフトウェアの品質と品質保証
 ソフトウェア開発プロセス
 ソフトウェア品質保証活動の実践
 プロジェクト管理の考え方・原則・手順
 実践的なプロジェクト管理のポイント
前期
第2日
9:30~17:00
レビュー技法
 レビュー技法の概要, インスペクション技法の概要
 レビューでの指摘項目
 レビューのマネジメント・定量的な分析手法
前期
第3日
9:30~17:00
ソフトウェア要求
 要求定義とシステム開発(要求の種類、機能の獲得他)
 要求定義とヒューマン・コミュニケーション(コミュニケーション・プロトコル、伝わるドキュメント)
 要求定義とモデリング(モデルの対象、モデルの要求他)
後期
第4日
9:30~17:00
品質を追求した設計
 設計の基本
 設計の原則(オブジェクト指向設計)
 モデルレビュー手法
 テスト駆動開発
後期
第5日
9:30~17:00
品質向上のためのソフトウェアテスト
 テストの役割と全体像
 テスト技術
 テスト計画
 テスト結果分析・報告
後期
第6日
9:30~17:00
開発プロセスの改善
 問題意識
 プロセス改善活動の進め方
 計測と分析

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
前期 2017年10月17日(火)~19日(木)
後期 2017年11月28日(火)~30日(木)
東京
締切

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]ソフトウェア品質

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQiP・医薬チーム(SQiPセミナー関係)
TEL:03-5378-9813 FAX:03-5378-9842 E-Mail:sqip@juse.or.jp

ソフトウェア品質(SQiP)事業サイトはこちら

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • QCサークル
  • Webクオリティマネジメント
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中