カテゴリー

問題解決・未然防止

未然防止のポイント

過去の情報収集によるアプローチ

人間の発想というものは、まったくの無から生み出されるのではなく、連想ゲームのように何かのきっかけ・知識から連鎖反応的に引き出されるものだと言われています。そういう意味では、過去の失敗情報やトラブル情報を起点に、さまざまなトラブルの可能性を発想するのも良い手です。たとえば、製品設計において過去の製品・他の製品でのトラブル事例や技術課題を紐解くことで、その製品で起こりうるトラブルを想定することができます。また、同時に、その事例から新たな発想を得て、別のトラブルの種を見つけることもできるかもしれません。

ただし、ここでネックになるのが過去の情報の集約と記述の方法です。仮に過去のトラブル情報のデータベースがあったとしても、その事例で起きたことの因果関係がはっきりしなかったりすると、それを理解するために余計な手間や時間がかかってしまいます。また、記入者がそれぞれの定義で用語を記述すると、読む人間によって用語の解釈が異なってしまったり、誤った判断をしてしまったりする可能性もあります。さらには、キーワードの設定が不適切だと、せっかく情報があっても検索条件にうまく引っかからない、という事になってしまいます。これでは情報が無いことと同じです。

こういった事を防ぐためにも、用語や定義、検索キーワードの整備、記述方法の訓練などが必要になります。

カテゴリー

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISOセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
Webジャーナル
『クオリティマネジメント』
機関紙「日科技連ニュース」
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.