カテゴリー

問題解決・未然防止

目標達成のポイント

方針管理と目標管理の違い

時折、方針管理と目標管理が混同されて理解されていることがありますが、これらは違う考え方・方法です。どちらが優れているという話ではなく、違う背景・目的から出てきたものなので、その性質に違いがあるのです。その違いを正しく認識し、目的に応じて活用することが成果につながるカギになります。

-目標管理とは

目標管理とは、個々の担当者が自分の目標(行動の目標や業績の目標)を決定するとともに、その目標達成のための方策や進捗を自らが管理することで、自主性・主体性や能力の発揮を促すという取り組みです。もちろん、目標の設定の際には上司の承認が必要になりますが、基本的にはボトムアップになります。

この目標管理(MBO; Management by Objective)は、1950年代にアメリカのピーター・ドラッカーが提唱したと言われ、アメリカ的な雇用環境(マネージャーが雇用や評価の権限を持ち、個人対マネージャーの関係性が重要になる/個人の業務範囲とその成果が明確になっている、など)を背景に生まれた仕組みです。そのため、欧米のような個人プレーよりも、組織プレーを基盤とした日本企業ではマッチしにくい側面もあり、日本的な解釈を施されたうえで実施されているところも多くあります。

上記の図のように、方針管理と目標管理は業務における目標達成のための取り組みという点では似ていますが、そのアプローチとしては正反対の側面を持っています。自社の環境や目的に応じて選択し、活用していくことが重要です。

カテゴリー

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISOセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
Webジャーナル
『クオリティマネジメント』
機関紙「日科技連ニュース」
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.